主な相談の流れについて

税理士相談

遺産相続のときには税理士に相談する人も多いのですが、税理士に相談したら、どのような流れで相続税の申告までこぎつけるのでしょうか。

主な流れはどこの税理士事務所でも同じような感じです。最初は面談を行うのが一般的なのですが、面談は通常無料になっていることが多いでしょう。中には時間が決められている場合、有料になっている場合もあるので、最初にきちんと調べてから相談する税理士を選ばないといけません。

できれば初回限定で無料などと書かれている税理士事務所がよいでしょう。遺産相続というのは、そう何度も行うことではないので、初回だけ無料であっても全く問題はありません。相談するときには、疑問に思うことや流れなどを必ず確認するようにしましょう。こちらの質問にきちんと答えられない、専門用語ばかり使う、態度が悪いなどという場合には、その税理士には相談するべきではありません。別の税理士を探すべきです。

相談をして納得がいき、この税理士なら安心して任せられると思ったら、次は概要やスケジュールなどを説明してもらいます。いつまでに申告書を作成し、届け出を出すのかなどを詳しく話し合い、無理のないスケジュールを練らないといけません。問題点などは税理士がいろいろと指摘してくれるので、任せてしまってもよいでしょう。もちろん信頼できて知識も豊富な税理士の場合に限ります。基本的に提案は税理士の方から行うのが一般的です。

それから依頼するのにどれぐらいの料金が必要になるのか、相続税はどれぐらい支払うようになるのかを教えてもらいます。通常はホームページを見て、料金を確認してから依頼するので、依頼料が大幅に異なる場合には依頼を断った方がよいでしょう。

相続税申告税理士の探し方

相続税 税理士ポータルを良く見て、自分にあった税理士を見つけることをおススメいたします。相続の経験が多い税理士は実は少ないという統計情報もあります。よって、情報収集してから判断することが重要です。

料金に問題がなければ、最終的に契約を行い、後は税理士に任せてしまえばよいのです。ちなみに相続税については、依頼する税理士によって支払う金額が異なる場合もあります。しっかりと節税対策ができる税理士に依頼することが、支払いを減らす上では重要です。