2次相続につながる1次相続の節税対策

相続税の申告には期限があります。相続発生から10ヶ月以内とされており、短期間で申告を行い時には弁護士事務所や税理士事務所に依頼するべきです。期限まで余裕がない方はお早めに依頼されることをおすすめします。

また相続をする時には2次相続を想定した1次相続で長い目で見た節税をするのが望ましいでしょう。今回は1次相続と2次相続について考えてみましょう。

【1次相続と2次相続は?!】

1次相続とは結婚されている夫婦のどちらかが亡くなった時に、その配偶者とお子様に発生する相続のことです。2次相続はその後、残されていた配偶者が亡くなって、お子様に発生をする相続のことになります。お子様は二度にわたって両親の財産を相続することになりますが、1次相続の際には法定相続分の通りに相続をすると、2次相続の時に相続税が多額になってしまうことがよくあります。そのため2次相続を想定した1次相続で節税対策をするのがよいでしょう。

【どのような節税対策をするべきなの?!】

ではどのような節税対策をするべきでしょうか?1次相続の際に法定相続分と異なる割合で分割をする、財産の種類によって適所に振り分ける、このようなことで長い目で見た節税が可能になります。2次相続までを考慮した1次相続をしたいのであれば弁護士事務所や税理士事務所に依頼をしてしっかりとサポートをする必要があるでしょう。大切な財産を少しでも多く残しておきたいのであればやはり弁護士事務所に依頼するのが賢明だと思います。

【弁護士事務所、税理士事務所への相談は基本的には無料】

弁護士事務所や税理士事務所への相談に関しては基本的には無料で行っているところが多いです。時間が30分まで無料というところもありますので無料相談できるところでしっかりと相続に関する疑問、質問を相談してみて下さい。ただし相続税の申告書作成方法に関する相談などは受け付けていないところが多いので注意が必要でしょう。また相続税の申告をされた30%の方は税務調査を受けています。この税務調査を回避するために、申告時の書面添付制度を導入している事務所もありますよ。