相続する遺産の評価や調査を行う

遺産相続のときに必要な資料を依頼した税理士に提出したら、今後は相続するべき遺産の調査や評価を行うようになります。遺産の評価や調査の方法はいろいろとあるのですが、なぜなら相続するべき遺産にもいろいろな種類があるからです。例えば預金通帳や会社、商店や不動産、有価証券や保険などがあるのですが、調査や評価はその道の専門家が行うことが多いと言えるでしょう。なぜ税理士に依頼すると、これらの全てを行ってくれるのでしょうか。

それは税理士がいろいろな専門家と連携していることが多いからです。本来税理士というのは、税金に関する業務だけなのですが、所得税の場合には還付金なども関係してくるため、加入している保険が重要になります。しかし、加入している保険がわかれば、いくら還付金が戻ってくるのかが分かるため、税理士でも作業が可能なのです。遺産相続の場合には、相続税や贈与税が関係しているので、相続する物の価値がわからなければ話になりません。

だからこそ遺産相続の際に関係してくる専門家と連携し、一緒に作業を行うことができるので、税理士に依頼すれば全て行ってくれるのです。保険や有価証券、会社などの事業や預貯金に関しては税理士だけでも十分対応可能ですが、最も難しいのは不動産だと言えるでしょう。不動産は相場が常に変わってくるので、税理士だけで評価や調査を行うことは難しくなっているのです。よって不動産鑑定士などと一緒にしっかりと調査や評価を行うようになります。

この調査や評価というのは、依頼する税理士によって多少変わってくることがあるのです。他の遺産に関しても、中には物の価値を明らかにしないといけなくなるのですが、物の価値によって相続税の支払い金額が変わってくることもあります。少しでも支払いを少なくするためには、税理士の力量がとても重要になるのです。あくまでも違法にならない範囲で、できる限り支払いを少なくするためには、知識が豊富で信頼できる税理士に依頼しないといけません。