納税方法のアドバイスもしている相続税理士

税理士は税金に関することであればとても詳しいので、遺産相続のときには納税方法のアドバイスなども行っているのが一般的です。納税するのに何かアドバイスがあるのかと思う人もいるでしょうが、納税方法もいろいろと存在しています。一般的なのは現金で支払う方法なのですが、相続税の場合にはかなり高額になるので、現金の支払い以外の納税方法も可能になっているのです。そのため、どのような方法がお得なのかというアドバイスを税理士が行っています。

現金以外にはどのような納税方法があるのかというと、延納という方法と、土地や不動産を売却して納税する方法、売却しないで土地や不動産その物で納税する物納という方法もあるのです。このような納税方法は相続税ならではなので、必ず税理士に相談しておくべきことだと言えるでしょう。通常遺産相続の依頼を税理士にした場合、相続税の申告書を提出する前に、必ず納税方法に関する説明やアドバイスを行うのが一般的です。

相続税の額や所持している財産によって、どのような納税方法が最適なのかが変わってきます。相続税はかなり高額になるため、一括で支払うのが難しいという人も多くなっているのです。特に最近は平成27年に相続税が増税されてしまい、今まで支払う義務のなかった人でも納税義務が発生するという事態になっています。しかも民間企業の待遇は今までと変わらず、物価だけがどんどん上昇しているという事態である上に、消費税や住民税まで増税されてしまいました。

そのため、相続税の支払いまで手が回らないという人も多いため、最近では特に延納や売却、物納などを選択するしかない状況に追い込まれている人が多いのです。どのような方法があるのかということも、普通の人ではわからないことが多いので、税理士にきちんと説明してもらうようになるのですが、このぐらいの説明をきちんと行えない税理士では話になりません。そのため、最初にきちんと情報収集をしておき、遺産相続や相続税に関して知識が豊富な税理士に依頼しましょう。