申告書の提出も税理士が行ってくれる

相続税申告

遺産相続を行った場合には、最終的に申告書を提出しなければいけなくなります。申告書の提出は、遺産相続が発生してから10ヵ月と決められているので、できる限り早く行うのが望ましいと言えるでしょう。しかし、相続税の申告書を作成するには、提出する書類の数が非常に多く、人生で1回しか行わないという人も多いので、慣れるということがありません。そのため、税理士に申告書の作成から提出まで全て任せてしまうという人が多くなっています。

どのような税理士であっても、必ず申告書の提出は代行してもらうことができるので、断られることはないでしょう。税理士選びで重要なことは、信頼できることと遺産相続に関する知識が豊富なことです。なぜなら知識がある税理士であれば、相続税の支払いを極力抑える対策を練ることができるからです。申告書も書き方が一般的な確定申告の書類に比べて面倒になっているので、税理士に任せてしまった方がミスも防げるのでおすすめできると言えるでしょう。

税務署を人でやるのは大変

自分で届け出たいという人は、直接税務署に持っていけばよいのですが、税務署というのは通常各市町村に1つしか存在していません。しかも最近は平成の大合併で、市町村がどんどん統合されていき、面積がかなり大きくなってしまったため、税務署まで行くのが大変な地域に住んでいる人も多いでしょう。このような場合でも税理士に依頼して、作成したついでに提出してもらうべきです。ただし、自分で作成して提出だけ税理士に任せるという人はまずいません。

まず税理士に遺産相続がある場合には依頼を行います。それから相談や流れ、報酬などの説明をしてから契約を行い、所持している遺産の調査や評価をするための資料を提出します。調査や評価が終わったら節税対策や分割協議を行い、申告書を作成します。作成した申告書を税務署に提出し、相続税の支払い請求が来たら支払い、これで遺産相続が完全に終了したことになるのです。かなり面倒な上にわからないことも多いので、税理士に依頼しないと難しいでしょう。