相続税の支払いが不要な人でもお知らせが届く

遺産相続が発生した場合、一定の遺産額以上の引継ぎがあると、相続税の支払いが発生してしまうのですが、正確な金額がわからない人も多いでしょう。よってある程度の遺産を相続した場合には、税理士に相談するのが一般的です。しかし、明らかに相続税の支払い義務が発生していない状態であっても、税務署から相続についての案内などが届く場合があります。なぜなら税務署はいい加減ですし、少しでも多くの税金を取ることしか考えてないからです。

このようなお知らせが届いてしまうと、相続税を支払わなければいけなくなるのではと考えてしまう人も多いでしょう。そんなときにも税理士に相談することで、対策を練ることができるのです。場合によっては相続についてのお尋ねという案内が届く場合があるのですが、このような案内が届いた場合には、基礎控除額以下となった計算根拠の説明をしてほしいと求められることがあります。このような場合、素人では説明をすることができません。

このようなときでも税理士に依頼することで、しっかりと財産目録を作成して税務署へ提出してくれるのです。マイナンバーの導入で個人情報が役所の人間であれば誰でも簡単に調べることができるようになったので、本来であれば税務署で行うべき仕事なのですが、このような面倒な作業は全て納税者に行わせようとするため、税理士の力を借りなければ対策を取れないのが一般的です。もちろん自分で対策を練ることができる場合には、税理士に依頼しなくてもよいでしょう。

中には面倒な書類や難しい書類の作成や記入が必要になるケースもあるので、普通の人では対策を行うのが難しいと言えます。このような場合、何をどうすればよいのか迷ってしまうことが多いでしょう。税理士というのは、このような税金に関する相談であれば、何でも受け付けているのが一般的ですが、やはり人によって得手不得手があるので、遺産相続に詳しい税理士に依頼するべきです。すでに遺産相続の券で相談しているのであれば、その税理士に再び相談するとよいでしょう。